弁護士 西脇威夫

050-1748-9706

月~金 9:30~19:00

※事前にご連絡頂ければ時間外・土日祝も対応いたします。

お問い合わせ

OEM契約、製造販売契約、ライセンス契約、秘密保持契約、販売代理店契約、商標、意匠、労務問題等を支援、事業発展のサポートをしております。

ブランドに関する基礎知識記事や事例

海外サプライヤとの契約をはじめとしたブランドに関する知識、お手続きについて御紹介します。東京都、渋谷区の海外サプライヤとの契約をはじめとしたブランドに関するご相談をお受けしております。

ブランドに関する基礎知識記事や事例

海外サプライヤとの契約

海外サプライヤとの契約 強みは、1、企業法務の最前線での豊富な経験、2、特に知的財産権、独占禁止法、労働法、インターネット関連分野、3、海外とのネットワークを有していること(英語対応可能)です。

スポーツブランド リース契約

スポーツブランド リース契約 リース契約の他、商標権侵害・偽物対策、景表法、独占禁止法遵守を含むコンプライアンス、製造物責任法や労働問題に関するアドバイス及び訴訟対応も行っってまいりました。

労使紛争への予防対策

労使紛争への予防対策 当事務所は、民法などの原則法および民事事件の判例法理に従い、トラブル予防対策を検討し実行までをサポートいたします。 また、労使紛争防止の予防策としての就業規則. 就業規則を制定いたします。

不正競争防止法

不正競争防止法 迅速に状況を調査し、不正競争防止法に抵触すると判断される際は、速やかに適切な手続き及び申請を取ってまいります。

プロスポーツ リーグ

プロスポーツ リーグ 日本プロ野球では、選手のエージェントとして活動できるのは、弁護士のみです。 サッカーJリーグにおいても、その代理業務を行える条件は、現在FIFA公認代理人、もしくは弁護士、と決まっています。

企業法務

企業法務 会社 の設立から、株主総会、取締役会、労働、契約、コンプライアンス、債権回収、事業承継、清算その他企業法務全般について対応可能です。多くの外国会社の日本子会社の設立をし、その一切の法律問題を担当するという経験があるため、企業法務全般について十分なサービスを提供することができます。日本法について英語で説明することも可能です。 1.会社設立 定款を含む会社設立に必要な書類の作成から登記までお手伝い致します。また、就業規則や雇用契約書の作成等設立に際して必要となる労働関係のお手伝いもさせていただきます。英語の対応も可能です。 2.契約 取引をする時には、それを書面にしておかないと、言った言わないの争いになることが多いです。また契約を締結するとしても、中身をきちんと吟味して締結しておかないと、思わぬところで責任を負わされたり、思うように利益を得られないこともあり得ます。また賠償の請求ができないということも起こり得ます。紛争が裁判になった場合、書面の証拠力はとても高いので、細心の注意を払って、契約書を作成する必要がります。また、契約書を作成することにより、取引をするにあたり、確認すべき点を検討することができます。 相手方からでてきた契約書の案は相手方に有利にできていることが多いですし、自社に契約のフォームがあるとしても必ずしもすべての場合に自社に有利にできているとは限りません。契約を締結する前に、個別の事情や相手方に応じて、いろいろな場合を想定して、法令や過去の判例を考慮しながら、条文に漏れがないように、また文言に法令違反があって無効とされたり責任を負わされることがないよう又は当方が意図することと違うように解釈されることがないようにしておく必要があります。紛争が生じて裁判になった時も、裁判所が、こちらの考えるとおりに解釈できるような文言を使わなければなりません。様々な形態の取引において、紛争も含め多くの経験を有する弁護士を契約書の作成にご利用下さい。もともと外資系の法律事務所での執務の経験が長く、ワシントン大学への留学、サンフランシスコの法律事務所での実務の経験もありますので、英文契約も対応可能です。 3.労働 労働を提供する従業員と賃金を支払う経営者は、時によっては対立することもあります。そこで、労使間で争いがおこらないようまた万一争いが起こったとしても、適切に対応できるよう、準備をしておかなければなりません。 具体的には、残業代や休日手当を含む適法な賃金の支払い、就業規則や賃金規則等の作成・改訂、36協定の締結、労働組合との交渉その他労使交渉、勤務時間の記録、解雇や配置転換の手続等を適切に行うことです。   4.コンプライアンス 企業が法令遵守違反を犯すことにより、漏洩された情報の主体である個人や不当な割引を強要された下請会社等その対象に損害を与えるだけでなく、自らもそのブランドに傷がつくという損害を負うことになります。会社としては違法なことはさせるつもりはなかったが、従業員が会社によかれと思ってやったことが、法令違反だったということはよくあることです。会社としては例えば個人情報保護法や独占禁止法について役員や従業員をよく教育し、会社として法令違反を行っていたことがないよう注意する必要があります。 5.事業承継 経営者が高齢等によって会社の経営から手を引く場合に、それまで育ててきた事業をうまく後継者に引き継がせ、さらに発展することが本人、従業員、取引先、ひいては社会にも望ましいといえます。そのためには後継者を育て、その後継者に経営権を引き継がせる必要がありますが、株主・株式対策等これをスムーズに行うための方策を取る必要があります。

スポーツブランド 選手契約

スポーツブランド 選手契約 スポーツ選手にとって、企業とエンドースメント契約を結び、商品の推奨者として広告に出演することは、金銭的、または、物質的に大きな収入を得る手段となっています。

英文及び和文の各種契約の作成


英文及び和文の各種契約の作成
当事務所は、英文および和文の各種契約書およびビジネス法務コンサルティング、さらには契約実務までを豊富な経験とノウハウによりサポートいたします。

商号

商号 商号は 営業上自己を表示するために用いる名称のことをいい「会社の顔」 とも言われるくらい重要です。商号は個人事業主の屋号、会社法人の登記名にそれぞれあたるものをいいます。

ブランド

ブランド 企業にとってブランドは重要な資産であり、その企業の社会的価値や魅力・独自性などを高めていく「企業ブランディング」の必要性はますます高まってくるものと思われます。

弁護士 西脇威夫が提供する商業取引の基礎知識と事例

  • プロスポーツ チーム

    プロスポーツ チーム
    私は、プロ野球選手会に代理人として年俸更改の場に選手と同席してその業務を行っている豊...
  • 機密情報

    機密情報
    企業に損害が発生するおそれのない場合には、企業の秘密を開示しても、秘密保持義務の違反...
  • 労務問題

    労務問題
    パワハラ問題等についても分かりやすくご説明するとともに問題社員の紛争防止や対処にあた...
  • スポーツブランド 売買契約

    スポーツブランド 売買契約
    商品開発にはトップアスリートの助言が欠かせないとして、著名選手とアドバイザリー契約を...
  • スポーツブランド ライセンス契約

    スポーツブランド ライセンス契約
    ライセンス契約は、特許技術、実用新案、意匠、著作、商標や他企業の開発した技術、設計に...
  • 覚書と基本契約

    覚書と基本契約
    契約書とは、契約当事者が、いつ、どのような合意(契約)をしたのかを書面に残し、証拠と...
  • 英文及び和文の各種契約の作成

    
英文及び和文の各種契約の作成
    当事務所は、英文および和文の各種契約書およびビジネス法務コンサルティング、さらには契...
  • 会社設立に向けた支援

    会社設立に向けた支援
    当事務所は、英文および和文の各種契約書および会社設立サポート、ビジネス法務コンサルテ...
  • 残業代請求・未払い賃金の請求・退職金の請求

    残業代請求・未払い賃金の請求・退職金の請求
    残業代の未払い請求等について、丁寧にお話を伺い資料等の準備をサポート、迅速に手続きを...

弁護士 西脇威夫の相談者が検索されるキーワードのご紹介

海外サプライヤとの契約をはじめとしたブランドに関する知識、手続についてご紹介しています。海外サプライヤとの契約をはじめとしたブランドに関する知識、手続きについて紹介するサイトです。
海外サプライヤとの契約をはじめとしたブランドの相談、手続は弁護士 西脇威夫にお任せ下さい。